親指を指している女性達

ネットで通信制

女生徒

インターネットを使った教育システムを活用する、そんな通信制高校も存在しています。ここで取り上げるように、学びの機会を多くの人にもたらすための模索が、今なお続いているのです。

Read more

自習室が増加

勉強する男女

勉強を行なう人の為の自習室という場所が、様々な場所に設けられるようになりました。自習室の利用は無料である事が多く、そのような自習室は市や区が経営していることが多いです。

Read more

しっかりした受験対策

教室

近年では受験対策の一貫として、塾に通う人が多くなりました。塾に通うことで、勉強を基礎から学ぶことが出来ます。最近では塾の在り方も変化しており、オンラインで授業を受けれるようになりました。

Read more

授業料の目安

学校

公立高校向けのコースの標準的な授業料と諸費用

私立高校と比べると授業料が割安なので、時代を問わず公立高校は大人気である。しかし受験科目は5科目が一般的なので、学習塾に通う場合には公立高校受験コースを選ぶべきであろう。また授業料は学年によって異なっており、中学1年生の場合には2万円前後が一般的である。しかし3年生になると受験も近くなり、授業時間も長くなるために、3万円台の授業料が標準的であろう。また学習塾で夏休みなどに行われる講習会に参加することで、更に数万円単位の費用が必要である。また学習塾で使用するテキストなどの教材も購入する必要があり、その費用は年間2万円程度であろう。そして公開模試に参加する場合には、1回あたり4000円前後の受験料が必要である。

学習塾における指導内容の主な特徴

公立高校を受験する場合には、入試の点数と中学校における内申書の2つの要素で選抜されるのが一般的である。また日ごろからきめ細かい学習指導を行うことが、学習塾の最大の取り組みであろう。特に中間テストや期末テスト対策を手厚く行う塾であれば、テストの2週間前から中学校別に特別プログラムを用意するのが一般的である。特にテスト前は各学校の試験範囲に合わせて、問題演習を徹底的に行うのが特徴的であろう。また志望校を選んだり受験対策を行うために、家庭とのコミュニケーションを密接に取るのも大きな特色である。そのためにクラス担任制を導入する塾も数多くあり、定期的に生徒や保護者との面談を通じて、進路指導と学習指導を行うのが魅力的である。

オススメリンク

  • さんぽう進学ネット

    専門学校の情報が紹介されているので、ao入試の内容を拝見しておきたいと感じているならここを見てみよう。